« Duffy家の夏休み♪ (3) | トップページ | 毛のモツレ・・・(汗 »

2014年9月11日 (木)

Duffyの心臓の事・・・

今日は、Duffyの心臓の事を書こうと思います。

お盆休みも終わり、次の週末の事・・・
フィラリアのお薬と検診を兼ねて、いつもの病院で診察を受けました。
ヘルニアの方は、ほとんど問題なく、安心していたんですが、
心臓にまた雑音が聞こえると言われたんです。
最初に雑音が聞こえると言われたのは、7/21の診察の時。
再検診の7/30には、雑音は聞こえなかったので、
先生からの「問題ないですね」って言葉に安心していたのです。
なのに、また雑音が聞こえると言われてしまい・・・
その日、検査の為に3時間ほど病院に預ける事になりました。

検査の結果なんですが・・・
心臓の図で説明しますね。
この図は、憎帽弁(左心房と左心室の間にある弁)
の正常な図なんですが、
Duffyは、赤字の三尖弁(右心房と右心室の間にある弁)の異常です。

Img_hert02

ウィキペディアを参照させてもらって・・・
三尖弁は、右心房が収縮すると同時に開いて右心室へと血液を送り込み、
また、右心室が収縮すると同時に閉じて右心房へ
血液が逆流しないように働いてる部所

エコー検査の結果、Duffyの三尖弁は、
その機能が異常を起こしていて、どうやら逆流している様なのです。
ただ、かなり軽度なレベルだそうなので、
確かに、今現在なにか症状が出ているわけでもありません。
なので、緊急な処置を受けるとか、お薬を服用するとかは無くって、
半年に1度、必ずエコー検査を受けて下さいとの事でした。

7月の検診で、雑音が聞こえたとブログに書いた後、
ブロ友さんのcocoaさんからラインを頂きました。
cocoaさんちのココちゃんも、心臓の雑音で引っかかり、
エコー検査の結果、病気が見つかったようで、
Duffyの事も、すごく心配して下さいました。
今回は、Duffyの担当の先生もおっしゃってましたが、
雑音が聞こえなくても逆流を起こしている子もいるそうです。
後、cocoaさんもおっしゃってましたが、
先生が、聴診器で雑音を聞きのがしている事もある様です。

激しい運動の後、疲れやすくなった、咳が出るなど、
やはり普段と変わった症状が見られた場合は、
診察を受けないとダメですね。

4歳にして、色々と痛いとこ、しんどいとこが出てきているDuffy・・・
どう願っても、ワンコたちとお話する事は出来ないし、
だから、飼い主のワタシ達が、小さい事でも察知してあげれる様に
これからもDuffyの様子を見守って行かなくてわ!って思ってます。
そして、ココちゃんやDuffyのように心臓に疾患を持つワンちゃんが
これ以上悪化しませんよう、元気で暮らせますように・・・

もっと、詳しくこの病気について、
説明出来れば良かったのですが、言葉足らずでスミマセン・・・
最後までご覧下さりありがとうございました。


« Duffy家の夏休み♪ (3) | トップページ | 毛のモツレ・・・(汗 »

病気」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1428268/57334145

この記事へのトラックバック一覧です: Duffyの心臓の事・・・:

« Duffy家の夏休み♪ (3) | トップページ | 毛のモツレ・・・(汗 »